楽曲がよすぎてやめられない!?『PフィーバーマクロスΔ』の評判まとめ

フィーバー

楽曲がよすぎてやめられない!?『PフィーバーマクロスΔ』の評判まとめ

SANKYO『PフィーバーマクロスΔ(デルタ)』の評判をまとめています。

マクロスシリーズの大きな特徴である「歌」を堪能できる点は非常に評価が高いポイントですが、特徴的なゲーム性ゆえにいちパチンコ機種としての評価はなかなか厳しいものがあるようです。

間延びした演出に不評が目立つも出玉性能は申し分なし

 

『PフィーバーマクロスΔ』の魅力のひとつは、ライトミドルなのに大量出玉獲得の期待が持てる大当たり振り分けです。

右打ち中の大当たりは、50%が約1,200個の払い出しがある10Rに振り分けられるため、うまく偏ればあっという間に万発オーバー。

一撃20,000発オーバー、30,000発オーバーの報告も珍しくありません。

また約93%とライトミドル以上の継続率を誇る甘デジ『PフィーバーマクロスΔ V-ラッシュver.』では「70連して一撃15,000発出た!」などの報告もあり、スペックを問わず出玉性能の優秀さがうかがえます。

 

一方で出玉スピードに関して不満を感じるユーザーが少なくありません。

『PフィーバーマクロスΔ』の演出は、期待度に関係なく基本的に演出時間が長めに作られています。

期待度が高い演出が長いならまだしも、ありとあらゆる演出が長いことが不満の種になっているようです。

原作ファンならいざしらず、それ以外のユーザーにとっては「テンポが悪い」「時間効率が悪い」と評判がよくありません。

 

もっとも、これは『PフィーバーマクロスΔ』に限ったことではなく、この時期に登場したパチンコ機種の多くに共通する特徴のひとつです。

規制の影響もあり全体的に間延びした演出バランスの台がトレンドだったことや、似たゲーム性でさらに出玉性能が高い機種の存在などが影響しています。

 

低評価が目立つが「神台」と感じるユーザーも少なくない

 

『PフィーバーマクロスΔ』の評価は、全体的にネガティブなものが多めです。

 

  • 3大激アツ演出がからんでもハズレる
  • どんな演出なら当たるのかわからない
  • 演出が長い
  • 遅い
  • ラッシュに入らない
  • 時短で当ててもラッシュが確定しない仕様がクソ

など、おおよそパチンコ機としては致命的ではなかろうかという内容が目立ちます。

要するに「クソ台」と言われてしまうことが多い『PフィーバーマクロスΔ』ですが、一方で類い稀な「神台」と評価されることもあるのが大きな特徴です。

『PフィーバーマクロスΔ』を神台足らしめている最大の理由は、マクロスシリーズの代名詞でもある「歌」にほかなりません。

 

  • 無理ゲーにしか感じないけれども楽曲がよすぎて打ってしまう
  • 曲とデルタゾーンはおもしろい
  • 曲だけなら「(マクロス)F」よりもよい
  • 歌しかいいところがない
  • 唯一「F」「3」よりよいところは曲をフルバージョンで聴けるところ

など、マクロスファンのみならず、曲を聴きたいがために『PフィーバーマクロスΔ』を打ってしまう人がいるほど楽曲は好評です。

 

一発告知「デカルチャーフラッシュ」が気持ちよい

 

また「隠しボタン」の存在も見逃せません。

『PフィーバーマクロスΔ』には、通常変動中にV-コントローラーを引くと大当たり時の50%で「デカルチャーフラッシュ」(一発告知)が発生する隠しボタン演出があります。

デカルチャーフラッシュが発生すれば、激アツ演出の有無にかかわらず大当たりが濃厚。

「どうせこんな弱いリーチじゃ当たらないよ……」という状況で、思いがけずデカルチャーフラッシュが発生した瞬間は悶絶必至!

「思わずケツが浮いた!」「脳汁が出た!」など、突然の一発告知に悶絶するユーザーが大勢います。